発祥の地の秘伝レシピ!きりたんぽ鍋
切った「たんぽ」を鶏がら醤油味のスープで鍋にした秋田の郷土料理です。
たんぽとは、ご飯を軽くつぶし、木の棒に巻きつけてあぶったもの。
「たんぽ槍」というヤリに形が似ているところから名づけられたと言われています。
c0148303_22504535.jpg

材料
鶏がら 300g
きりたんぽ 4本
鶏肉 200g
長ネギ 1本
舞茸 1株
セリ 1束
ごぼう 1/2本
糸コン 小1袋
冷凍里芋 5個

作り方
1 鶏がらは熱湯をかけて水にとり、血や脂を洗い流し、ぶつ切りにする。
大きめの鍋に、水2リットルと鶏がらを入れて火にかける。

2 沸騰したらアクを取って中火で30分ほど煮込むみ、ざるにキッチンペーパーをしいたもので漉しておく。

3 鶏肉は、(お好みで皮を取り)黄色い脂身の部分を取り除いて小さめの一口大に切る。

4 糸コンは塩もみし熱湯でさっとゆでて食べやすい長さに切る。
冷凍里芋はレンジで10秒ほど加熱して半分に切る。

5 ごぼうはささがきにして酢水にさらしておく。
長ネギは斜め切り、舞茸は食べやすい大きさに裂いておく。

6 たんぽは1本を3等分の斜め切りにする。
セリは3センチくらいのざく切りにする。(根もよく洗って入れること)

7 鍋に2の鶏がらスープ(1200cc位)を入れ、ごぼうを入れて火にかける。
沸騰したら4の鶏肉を入れてアクを取る。

8 醤油150cc、酒100cc、みりん50cc、塩少々で味をつけて、里芋、糸コンを入れて煮込む。

9 里芋が柔らかくなったら、舞茸、長ネギ、きりたんぽを加えて2分ほど煮込み、最後にセリを入れる。

10 どんぶりに取り分けていただく。

♪今回のポイント♪
子供の頃から、作っている材料、手順をレシピにしてみました。
きりたんぽ発祥の地、秋田県北部の出身ですので、かなり正統派なレシピだと思います。
具はお好みですが、舞茸、ごぼう、鶏肉、セリは入れてほしいところ。
比内地鶏と秋田のセリが手に入るとベストです。
市販の比内鶏スープを使えばとても簡単に作れます。
たんぽが手に入らない場合は、炊き立てのご飯を半分程度つぶし、小さな団子状に丸めた「だまっこ」を入れた「だまっこ鍋」にしても。

☆Green House☆
このおかずを含めた献立の写真と、日々のつれづれを綴ったブログです♪
http://blog.livedoor.jp/seira758/  
[PR]
by seira758 | 2007-11-14 22:51 | 鍋もの
<< ビールがすすむ!モヤシとササミ... 大人気!エビマヨ炒め >>