「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:鍋もの( 9 )
味噌だれが決め手!豚肉とあさりのお鍋
さっぱりした酢味噌だれと、豚肉が相性ばっちり!
ちょっぴり入れたアサリが、いいだしになります。
野菜もモリモリ食べられる、ヘルシーなお鍋です。
c0148303_19144085.jpg

材料:2人分
豚薄切り肉 200g
アサリ(又はシジミ、カキなど) 10粒
キャベツ(又は白菜) 6枚
モヤシ 1袋
長ネギ 2本
ピーマン 2個
しいたけ(又はシメジ・エノキなど) 4枚
人参 1/4本
豆腐 1/2丁

作り方:
1 鍋に水を張り、切れ目を入れた出し昆布一枚、酒大さじ2を入れてしばらく置いておく。

2 長ネギ1本は薬味用にみじん切りにする。その他の材料は食べやすい大きさに切る。

3 鍋を火にかけ、沸騰直前に昆布を取り出し、アサリを入れる。

4 アサリの口が開いたらあくを取り、野菜と豚肉を入れ、アクを取りながらひと煮立ちさせる。

5 それぞれの取り皿(小鉢)に味噌大さじ1、酢少々、刻みネギ、一味(七味)唐辛子、だし汁少々を入れてよくかき混ぜ、つけだれを作る。

6 煮えたところから5のつけダレをつけて食べる。

c0148303_19155763.jpgc0148303_1916179.jpg7 野菜はお好みのものでOK。
しめは、雑炊やうどん、ラーメンを入れて。



♪今回のポイント♪
ポン酢醤油もよく合います。ピリ辛が好きな方は、タレに豆板醤やラー油を入れてもおいしいです。
野菜は何でもOKですが、モヤシ、ピーマンは特におすすめです。
翌日、残っただし汁で味噌汁を作ると、豚汁風でとってもおいしいです。

☆Green House☆
このおかずを含めた献立の写真と、日々のつれづれを綴ったブログです♪
http://blog.livedoor.jp/seira758/  
[PR]
by seira758 | 2007-11-15 19:39 | 鍋もの
ごちそうメニューNO1!今夜はすき焼き
ごちそうメニュー、ナンバーワンのすき焼き。
きのこや野菜をたっぷり入れてヘルシーに。
割り下を使った関東風のレシピです。
c0148303_9341640.jpg

材料:2人分
材料 分量
みりん 50cc
日本酒 100cc
砂糖 大さじ3
醤油 75cc
おろしニンニク 少々
牛すき焼き肉 300g
白菜 4枚
長ネギ 1本
春菊 1/2束
しいたけ 4個
しめじ 小1パック
エノキ 小1束
ゆでたけのこ 小1個
糸コン 1袋
焼き豆腐 1丁
牛脂 1個

作り方:
1 分量のみりん、酒、醤油、砂糖、おろしニンニク(お好みで)を混ぜ合わせて割り下を作っておく。

2 白菜と春菊は5㎝程度に切り、シメジ、エノキは根元を切りおとし小房に分ける。
しいたけは表面に×印の飾り包丁を入れる。
長ネギは斜め切りにする。

c0148303_15374733.jpg3 たけのこは薄切りにし、焼き豆腐は1センチ程度に切る。
糸コンは、塩もみしてから熱湯でさっと茹で、食べやすい長さに切る。

4 牛肉は、大きいようなら半分くらいに切る。

5 すき焼き鍋を熱し、牛脂を溶かして、牛肉を3.4枚入れて焼き付け、割り下をかける。

6 沸いたところに、野菜を固い順に入れ、煮えたところから溶き玉子をつけていただく。

c0148303_15375997.jpg
7 煮詰まってきたら、水1カップに酒大さじ3を混ぜた割り水を加えて程よい味に調整する。



♪今回のポイント♪
にんにくを入れるのがオリジナル。
ただしにんにくはほんのちょっぴり、隠し味程度に入れてください。
肉が固くなるので煮すぎないように注意しましょう。
割り下を使わず、まず肉を焼いてから、砂糖1:醤油1:酒1で味付けし、その他の材料を加えて作ると、関西風のすき焼きになります。

☆Green House☆
このおかずを含めた献立の写真と、日々のつれづれを綴ったブログです♪
http://blog.livedoor.jp/seira758/  
[PR]
by seira758 | 2007-11-15 15:40 | 鍋もの
あったかメニュー♪今夜はたらちり
味付けなしの昆布だしで作るので、とっても簡単。白子や卵も入れるとさらにおいしいです。
c0148303_154361.jpg

材料:2人分
たら 4切れ
白菜 1/8株
しいたけ 4枚
エノキ 1袋
しめじ 1パック
にんじん 1/4本
水菜 1束
豆腐 1/2超
長ネギ 1本

作り方:
1 土鍋に昆布5㎝と水を入れ30分ほどおいておく。

2 たらは一口大に切り、さっと熱湯をかけて霜降りにした後、軽く水洗いし水気を拭き取っておく。

3 白菜は白い部分と葉の部分に分けてざく切り、人参は花の形に抜いて薄切り、長ネギ(半分)は斜め切りにし、豆腐、水菜は食べやすい大きさに切る。

4 エノキとシメジは根元を落として小房にわけ、しいたけは石づきを落として4つ割りにする。

5 人参と白菜の白い部分、最初に鍋に入れる分(1/3くらいの量)を除いて、3と4の材料を大皿に盛り付ける。

6 薬味として、長ネギの残り半分をみじん切りにする。

7 1の土鍋を火にかけ、煮たったら昆布を取り出して、酒大さじ1と塩ひとつまみ、たらを入れ、ひと煮立ちしたらアクを取る。

8 人参と白菜の白い部分を入れ、しんなりしてきたら、取り分けておいたほかの材料も鍋に入れる。野菜に火が通ったところで、鍋を食卓のカセットコンロ上に移す。

9 8の材料を足しながら、火の通ったものから、ポン酢醤油に刻みネギをと七味唐辛子を入れたものにつけていただく。

♪今回のポイント♪
たらは、生でも甘塩のものでもOKです。

☆Green House☆
このおかずを含めた献立の写真と、日々のつれづれを綴ったブログです♪
http://blog.livedoor.jp/seira758/  
[PR]
by seira758 | 2007-11-15 15:05 | 鍋もの
コラーゲンたっぷり!鶏の水炊き
鶏のおいしさが丸ごと味わえるお鍋です。
野菜もたっぷり食べれてヘルシー。
最後のしめには、うどんを入れても、玉子とご飯で雑炊にしてもおいしいです。
c0148303_23271882.jpg

材料:2人分
鶏がら 400g
長ネギ(青いところ) 1本
しょうが 1片
水 2L
酒 200cc
鶏モモ肉 2枚
白菜(またはキャベツ) 1/8株
しいたけ 4枚
長ネギ 1本
人参 1/4本
豆腐 1/2丁
こんにゃく(または糸コン) 小1袋
春雨 1/2袋
大根 5㎝

作り方:
1 鶏がらは熱湯をかけて水にとり、血や脂を洗い流し、ぶつ切りにする。

2 大きめの鍋に、水、1の鶏がら、長ネギの青いところ、薄切りにした生姜を入れて火にかけ、沸騰したらアクを取って酒を加え、中火で1時間ほど煮込む。

3 スープが白っぽくなるまで煮込んだら、ざるにキッチンペーパーをしいたもので漉しておく。

4 人参は薄切り、長ネギ(半分)を斜め切りにし、豆腐、白菜(キャベツ)は食べやすい大きさに切り、しいたけは石づきを落として4つ割りにする。

5 薄切りにしたこんにゃく(または糸コン)は塩もみした後さっと熱湯で茹でておく。
春雨は表示どおり茹でて食べやすい長さに切っておく。

6 薬味として、大根はすりおろして軽く水気を切り、長ネギの残り半分はみじん切りにする

7 鶏肉は、黄色い脂身(お好みで皮)をとりぶつ切りにする。

8 3の鶏がらスープを土鍋に移して火にかけ、沸騰したら6の鶏肉を入れて火を通す。

9 4,5の材料、7の鶏肉を最初に鍋に入れる分(1/3くらいの量)を除いて、皿に盛り付ける。

10 取り分けた材料を鍋に入れて、野菜に火が通ったところで、鍋を食卓のカセットコンロ上に移す。

11 8の材料を足しながら、火の通ったものから、ポン酢や味噌だれ(味噌&酢)に刻みネギや大根おろしを入れたものをつけていただく。

12 最後に残ったスープに、うどんを入れたり、ご飯と溶き玉子を入れて雑炊にして食べるとおいしいです。

♪アレンジレシピ♪
<炊き込みご飯>
残り汁を2カップほど取っておき、だし汁にすると、簡単でおいしい炊き込みご飯になります。
炊き込みご飯の詳しい作りかたは
http://seira758.exblog.jp/7432375/

♪今回のポイント♪
時間がなければ顆粒の鶏がらスープの素などで代用できます。
ただし鶏がらスープを利用するときには、塩分が含まれているので気をつけてください。

☆Green House☆
このおかずを含めた献立の写真と、日々のつれづれを綴ったブログです♪
http://blog.livedoor.jp/seira758/  
[PR]
by seira758 | 2007-11-14 23:31 | 鍋もの
お店の味を再現!ピリ辛キムチチゲ
コチュジャンと醤油で味付けしたキムチチゲです。
キムチはちょっと酸味が出たものを使うとおいしいです。
c0148303_23223439.jpg

材料:二人分
キムチ 100g
豚バラ薄切り肉 150g
豆腐 1/2丁
モヤシ 1/2袋
ニラ 半束
玉ねぎ 1/2個
白菜(またはキャベツ) 4枚
長ネギ 1本

作り方:
1 土鍋に昆布と水2カップを入れてしばらく置いておく。

2 豚肉は一口大に切る。
玉ねぎは薄切り、長ネギは斜め切りにし、白菜(キャベツ)は食べやすい大きさに切る。

3 ニラは3センチくらいに切りそろえ、もやしは水洗いして水気を切っておく。
豆腐は四つ切にする。キムチは汁と分けてざく切りにする。

4 フライパンにごま油少々を熱し、豚肉とおろしニンニク少々を入れて炒める。
肉の色が変わったらキムチを加えてさっと炒める。

5 1の土鍋を火にかけ、沸騰直前に昆布を取り出し、4で炒めた具を入れてアクを取る。

6 キムチの汁、コチュジャン小さじ2、すりゴマ大さじ1、砂糖小さじ1、醤油大さじ1で味付けし、白菜、玉ねぎ、豆腐を加えて軽く煮立てる。

7 モヤシ、ニラ、長ネギを加えて、ひと煮立ちさせたら出来上がり。

♪今回のポイント♪
写真は、一人前(一人鍋)です。
よく行く韓国料理屋さんのメニューを自己流に再現してみました。
キムチによって味が変わってきますので、お好みで調味料を加減してください。
辛いのが好きな人は、一味唐辛子を振りかけてどうぞ。
お鍋の残りにうどんを入れたり、ご飯、玉子を入れて雑炊にしてもおいしいです。

☆Green House☆
このおかずを含めた献立の写真と、日々のつれづれを綴ったブログです♪
http://blog.livedoor.jp/seira758/  
[PR]
by seira758 | 2007-11-14 23:24 | 鍋もの
発祥の地の秘伝レシピ!きりたんぽ鍋
切った「たんぽ」を鶏がら醤油味のスープで鍋にした秋田の郷土料理です。
たんぽとは、ご飯を軽くつぶし、木の棒に巻きつけてあぶったもの。
「たんぽ槍」というヤリに形が似ているところから名づけられたと言われています。
c0148303_22504535.jpg

材料
鶏がら 300g
きりたんぽ 4本
鶏肉 200g
長ネギ 1本
舞茸 1株
セリ 1束
ごぼう 1/2本
糸コン 小1袋
冷凍里芋 5個

作り方
1 鶏がらは熱湯をかけて水にとり、血や脂を洗い流し、ぶつ切りにする。
大きめの鍋に、水2リットルと鶏がらを入れて火にかける。

2 沸騰したらアクを取って中火で30分ほど煮込むみ、ざるにキッチンペーパーをしいたもので漉しておく。

3 鶏肉は、(お好みで皮を取り)黄色い脂身の部分を取り除いて小さめの一口大に切る。

4 糸コンは塩もみし熱湯でさっとゆでて食べやすい長さに切る。
冷凍里芋はレンジで10秒ほど加熱して半分に切る。

5 ごぼうはささがきにして酢水にさらしておく。
長ネギは斜め切り、舞茸は食べやすい大きさに裂いておく。

6 たんぽは1本を3等分の斜め切りにする。
セリは3センチくらいのざく切りにする。(根もよく洗って入れること)

7 鍋に2の鶏がらスープ(1200cc位)を入れ、ごぼうを入れて火にかける。
沸騰したら4の鶏肉を入れてアクを取る。

8 醤油150cc、酒100cc、みりん50cc、塩少々で味をつけて、里芋、糸コンを入れて煮込む。

9 里芋が柔らかくなったら、舞茸、長ネギ、きりたんぽを加えて2分ほど煮込み、最後にセリを入れる。

10 どんぶりに取り分けていただく。

♪今回のポイント♪
子供の頃から、作っている材料、手順をレシピにしてみました。
きりたんぽ発祥の地、秋田県北部の出身ですので、かなり正統派なレシピだと思います。
具はお好みですが、舞茸、ごぼう、鶏肉、セリは入れてほしいところ。
比内地鶏と秋田のセリが手に入るとベストです。
市販の比内鶏スープを使えばとても簡単に作れます。
たんぽが手に入らない場合は、炊き立てのご飯を半分程度つぶし、小さな団子状に丸めた「だまっこ」を入れた「だまっこ鍋」にしても。

☆Green House☆
このおかずを含めた献立の写真と、日々のつれづれを綴ったブログです♪
http://blog.livedoor.jp/seira758/  
[PR]
by seira758 | 2007-11-14 22:51 | 鍋もの
あったかお鍋♪今夜はカニすき
鍋がおいしいこの季節。ちょっぴりリッチにカニすきにしてみました。
あえて他の魚介類をいれずに作ると、シンプルにカニのおいしさを味わえます。
c0148303_20343829.jpg

材料:2人分
カニ 1匹
白菜 1/6玉
長ネギ 2本
水菜 1束
しいたけ 6個
えのき 1袋
焼き豆腐 1/2丁
糸コン 小1袋

作り方:
1 カニは甲羅を下にしておき、腹の下側についている三角形の部分(ふんどし)を持ち上げて甲羅をはずし、左右にあるビラビラした部分(ガニ)を取り除く。

2 かにみそは別皿に取り出しておく。(後の雑炊に入れるとおいしい)

3 足の付け根をキッチンバサミで切り離し、包丁でそぐようにして殻の一部を剥いておく。
胴の部分は厚みを半分に切り、食べやすい大きさに切る。

4 白菜は芯と葉の部分に分けて食べやすい大きさに切る。
長ネギは斜め切り、水菜は5㎝くらいの長さに切る。
エノキは根元を落とし食べやすく分け、しいたけは表面に飾り切りを入れる。

5 糸コンは、塩もみしたあと食べやすい長さに切り、さっと熱湯でゆでる。
焼き豆腐は一口大に切る。

6 鍋に水800ccと昆布を入れて火にかけ沸騰直前に昆布を取り出し、白だし醤油(または薄口醤油)大さじ3、日本酒大さじ3、みりん大さじ1、塩少々で味をつける。

7 カニと4.5の材料を先に鍋に入れる分(1/3くらいの量)を除いて、皿に盛り付ける。

8 取り分けた材料を鍋に入れて、野菜に火が通ったところで、鍋を食卓のカセットコンロ上に移す。

9 7の材料を足しながら、火の通ったものから、ポン酢をつけていただく。

10 最後に残ったスープに取り分けておいたかにみそを溶かし、ご飯と溶き玉子、刻みネギを入れて雑炊にして食べるとおいしい。

♪今回のポイント♪
できれば、生のカニで作るのがおすすめ。
カットして冷凍されたものを使えばより簡単に作れます。
カニはくれぐれも煮すぎないように!

☆Green House☆
このおかずを含めた献立の写真と、日々のつれづれを綴ったブログです♪
http://blog.livedoor.jp/seira758/  
[PR]
by seira758 | 2007-11-14 20:37 | 鍋もの
煮込んでも縮まない!プリプリ牡蠣の味噌鍋
プリプリの牡蠣がたっぷり入った味噌味のお鍋です。
牡蠣は片栗粉をまぶしてさっとゆでておくと、煮込んでも縮みません。
c0148303_20213581.jpg

材料:2人分
牡蠣(加熱用) 300g
白菜 1/8玉
長ネギ 1本
糸コン 小1袋
焼き豆腐 1/2丁
シメジ 小1株
その他お好みの材料 適量

作り方:
1 牡蠣はさっと水洗いしたあと、水気を切ってボールにいれ、片栗粉大さじ1を加えて軽く揉む。
片栗粉が灰色になったらさっと水洗いし、ペーパータオルで軽く水気を取る。

2 下処理した牡蠣に片栗粉を薄くまぶし、沸騰したお湯で10秒ほどゆで、冷水に取る。ざるに乗せて水気をきっておく。

3 その他の材料は、食べやすい大きさに切り、牡蠣と共に皿に盛り付ける。

4 鍋に水800ccと昆布を入れて火にかけ沸騰直前に昆布を取り出し、だし汁で溶き伸ばした赤みそ大さじ4、醤油、酒、みりん各大さじ1を加える。

5 食卓のカセットコンロに土鍋を移し、3の材料を加える。
再び煮立ったところで、牡蠣を加える。煮えたところから取り分けていただく。

6 締めには、ご飯と溶き玉子、刻みねぎで雑炊をどうぞ。
c0148303_2041486.jpgc0148303_2073118.jpgc0148303_2042699.jpg





♪今回のポイント♪
テレビでみた牡蠣の下ごしらえを試してみたら、ほんとに牡蠣が縮みませんでした。
だまされたと思ってやってみてください。
調味料の分量は、お好みで調整してください。
締めには、うどんもおすすめです。

☆Green House☆
このおかずを含めた献立の写真と、日々のつれづれを綴ったブログです♪
http://blog.livedoor.jp/seira758/  
[PR]
by seira758 | 2007-11-14 20:07 | 鍋もの
一子相伝!?我が家の秘伝おでん
寒い季節においしいおでんです。
野菜類や味の染みにくいコンニャク、玉子などは先に入れ、だしが出る練り物や、はんぺんなどの膨らむものは後から入れるのがポイントです。
普通の鍋と圧力鍋、それぞれの作りかたを紹介しています。
c0148303_2093115.jpg

材料:2人分
大根 1/2本
卵 2個
昆布 1枚
こんにゃく 1枚
タコ足 2本
がんもどき 4個
厚揚げ 1枚
練り物(竹輪、さつま揚げ、はんぺん等) 適量
その他お好みの材料 適量

作り方:
1 ダシを取る。水7カップに昆布10㎝を入れて火にかけ、沸騰直前に昆布を取り出し、鰹節をふたつかみほど加える。
再び沸騰したら火を止め、鰹節が沈むまで待ち、ざるにキッチンペーパーを引いたもので漉す。

2 大根は2センチくらいの輪切りにして皮を厚めにむき、面取りをし、十字に隠し包丁を入れて、米のとぎ汁で柔らかくなるまでゆでて水洗いする。
こんにゃくはすりこぎなどで叩いた後、食べやすい大きさの三角に切る。

3 卵はゆでて、殻を剥く。厚揚げは食べやすい大きさに切り、がんもどきとともに熱湯をさっとかけて油抜きをする。

4 タコの足は一口大に切り、2個づつ竹串にさしておく。
昆布は長いまま、水につけて少し柔らかくする。
何個か数の結び目を作り、その結び目の前後をはさみで切る。

5 練り物系の材料を適当な大きさに切り、さつま揚げなど油であげているものは、熱湯をかけて油抜きしておく。

☆普通の鍋での作り方☆ 
鍋に、手順1のだし汁と調味料(砂糖大さじ1、醤油大さじ3、みりん大さじ1、酒大さじ1、塩小さじ1/2、コンソメ顆粒少々)、2~4の材料を入れてふたをせず火にかける。
煮立ったら火を弱めて、ごく弱火(煮汁がかすかに揺れる程度の火力)でことことと煮込む。
煮汁が少なくなったらだし汁を足す。
味がしみたら火を止めて、一度冷ます。
再び火にかけ、5の練り物などを入れ、煮立ったらごく弱火(煮汁がかすかに揺れる程度の火力)に火を弱めてしばらく煮込み、最後に入れた材料が、ふんわりと煮あがったら出来上がり。(ふたはしないこと)

☆圧力鍋での作り方☆
圧力鍋に1のだし汁5カップ、砂糖大さじ1、醤油大さじ3、みりん大さじ1、酒大さじ1、塩小さじ1/2、コンソメ顆粒少々を入れて2~4の材料を入れ、ふたをして強火にかける。
沸騰して蒸気が出てきたら火を弱め、20分ほど加熱して火を止め冷ます。冷めたら圧力が下がっていることを確認してふたを開ける。
おでん鍋に移して、残りのだし汁を加えて再び火にかけ、5の練り物などを入れる。煮立ったらごく弱火(煮汁がかすかに揺れる程度の火力)に火を弱めてしばらく煮込み、最後に入れた材料が、ふんわりと膨らんだら出来上がり。(ふたはしないこと)

♪今回のポイント♪
鰹節は厚削りのものがおすすめです。
だしをとるのが面倒なときは、だしの素を使っても大丈夫。
煮汁につけたまま、一度冷ますと味がよくしみこみます。

☆.Green House☆
このおかずを含めた毎日の晩御飯の写真と、日々のつれづれを綴ったブログです♪ 
http://blog.livedoor.jp/seira758/   
[PR]
by seira758 | 2007-11-13 20:10 | 鍋もの